講師紹介プロフィール

上薗未佳

上薗未佳(うえそのみか)
洗足学園大学音楽学部ピアノ科を優秀賞を得て卒業。同大学専攻科音楽学修了後、渡仏。ストラスブール国立音楽院チェンバロ科を金メダルを受賞し首席で卒業。古楽ディプロム取得。在学中よりフランス、ドイツ各地で演奏し、帰国。
現在、ソリスト、通奏低音奏者として日本各地で演奏活動、CD録音、後進の指導にあたる。
東京フィルハーモニー交響楽団に鍵盤エキストラ奏者として参加。秦野バロック・コンサート・シリーズ主催。洗足学園音楽大学、東海大学非常勤講師。
日本チェンバロ協会会員。
これまでにピアノを諸井泰子、石川治子、故中山靖子、ソルフェージュを三浦淳子、小島貴文、音楽学を故市川信一郎、チェンバロを岡田龍之介、渡邊順生、アリーン・ジルベライシュ、オルガン、通奏低音およびバロック音楽解釈をマルタン・ジェステール各氏に師事。また、ピエール・アンタイ、リナルド・アレッサンドリーニ、ニコラス・パール、ボブ・ファン・アスペレン、ヨハン・ゾンライトナー各氏のレッスンを受ける。神奈川県在住。

音大時代からピアノの指導に携わり、その後、フランスで、バロック音楽、チェンバロ、オルガンの研鑽を積んだ。指導歴20年。その経験から、チェンバロの指導のみならず、学生の悩みに寄り添い、相談にも応じる。履修した学生からは、「チェンバロが大好きになった」「ピアノのテクニックが上がった」「作品に対するアプローチが変わった」「演奏する時、脱力が出来るようになった」「心で感じていることを音で表せるようになってきた!」「レッスンを受けると元気になる!」など、好評をいただいている。
チェンバロが弾けるようになるだけでなく、お一人お一人の内側にある可能性が開かれ、より人生が豊かになりますようにお手伝いをさせていただくことが何よりもの願いです!

>Facebookへのリンクはこちら



Les Quatre Saisons バロック・アンサンブル「レ・キャトル・セゾン」

「レ・キャトル・セゾン」は、バロック時代の音楽を当時の楽器を使用し、その楽しさ美しさを多くの方に聞いていただこうと、2004年から活動を開始。八王子にあるイギリスより移築された教会、グランドビクトリアで年一回、演奏会を開催。メンバーは、ヨーロッパ各国で研鑽を積み、現在、国内外で活躍中。演奏をご依頼の際は、ご相談ください。


ソプラノ:松村 萌子 バロック・ヴァイオリン:小田 透/小田 瑠奈 ヴィオラ・ダ・ガンバ:西谷 尚己 チェンバロ:上薗 未佳